バックアップしたデータベースを使ってデータを復元する方法

管理画面「おしらせ」にある「データベースのバックアップ」ボタンでPCに保存したデータベースを使って過去の状態に復元する方法を解説します。

バックアップしたデータベースのファイル名は「csm2(年月日時間:数字).db」となっています。

例えば2011年6月13日22時38分15秒にバックアップをしたファイルは「csm220110613223815.db」です。

そのファイルの名前から年月日時間を消して「csm2.db」にします。

その後CSM2設置フォルダにFFFTP等のFTPソフトなどでアクセスしていただき「db」フォルダ内の「csm2.db」ファイルを上書きしてください。

以上でそのデータベースをバックアップした時間の状態に復元されます。

(※ただし、デザインやテンプレート、自分で記事投稿時にアップロードした画像は復元されません。)